風に揺れるコスモスと、落ち葉の舞う風の匂いに胸キュン!

私はさゆり、50歳主婦。週3回のパートを終えて、札幌市北区の自宅近くに借りている共同畑に向かって自転車を走らせています。

今、育てているのは冬野菜のキャベツと大根。まだ苗の状態で虫が付きやすいから、パート帰りは必ず畑を見に行ってます。

夫と二人暮らしで平穏だけど静かな毎日に空しさを感じていた時に、ふと広告で共同畑を見つけて申し込みました。それからは、もう夢中。

植物は手をかけるほど活き活きして…育っていくものを見るのがこんなに楽しいなんて!

自転車を走らせて母校の北高校を通り過ぎ、道路沿いに咲くコスモスと白樺の木を横目にしながら胸いっぱいに秋の香りを吸い込みました。

夕日を見ながら、昔の恋を思い出してしまいます

通り道にある、北区北24条駅は昔とずいぶん変わってしまったけど、母校の近くにあるファストフード店が今も変わらずにあります。

24条駅周辺はラーメン激戦区になっていますが、学生時代はラーメンよりハンバーガーが定番フード。味も場所も当時のままです。

北区には思い出深い北海道大学もあって、ここは高校時代に彼氏と初めてデートした場所。思えばその時も秋でした。少し肌寒い日に、落ち葉の舞う校庭を歩いて農園を見た記憶があります。

ポプラ並木から見える夕日がとてもキレイで、彼と二人でこのまま時が止まってほしいと思ったりして…。

帰りに道路を渡った喫茶店で、初めてアップルティーを飲みました。向かい合っているだけでドキドキして、緊張のあまり紅茶も冷めてしまったけれど、ほんのりしたリンゴの優しい酸味は今も舌が覚えています。

北海道のしばれる季節には、やはりあったかい物が一番ハートにきますね。

北海道の名物といえば、ジャガイモ料理!

私はどさんこだからか、とにかくジャガイモが大好きです。30代で結婚して料理を作ることになった時、「これは初めて食べた!」と関東出身の夫に驚かれたジャガイモ料理がいくつかあります。

それは、ジャガイモの天ぷらと、ジャガイモの味噌汁、ジャガイモが丸ごと入ったおでん、ジャガイモの油炒め、鮭のかす汁などなど。ジャガイモがなくなると不安な気持ちになるぐらい欠かせない食材の一つです。

そんな私の一番好きな食べ方は「ふかしイモ」。男爵イモをよく洗って、ラップをかけてレンジで柔らかくなるまでチン。バターと塩をかけて食べる美味しさは北海道ならではの素朴な味わいがあります。

それから、ドライブインに売っている「揚げイモ」。これはホットケーキの生地の中にふかしたジャガイモが丸ごと入って、割り箸に刺して油で揚げてあるおやつです。

生地は甘く、ジャガイモは少し塩気が利いてホクホク。時々無性に食べたくなる名物です。

専業主婦をしている33歳、同い年のダンナと6歳のヤンチャ坊主との3人暮らしです。生まれは宮城で、仙台市の白百合大学を卒業後OL時代にダンナと出会い結婚。ダンナの仕事の都合で北海道に来て今に至ってます。

東北生まれなのに寒いところが苦手な私は、転勤先が北海道と聞いた時は戦々恐々って感じだったんですが、やはり住めば都!美味しいものがたくさんあるし、札幌ドームでのコンサートは楽しめるし最高です(笑)

音楽聴くことが以前より増えて、音楽を聴きながら趣味のアクセサリー作りをしている時が至福の時です。

私がおすすめする魅惑のバーガー

おすすめするのはラッキーピエロのチャイニーズチキンバーガーです。ラッキーピエロは函館を中心に展開されている、北海道にしかないハンバーガーショップのチェーン店です。

と言っても、ハンバーガーばかりでなく、店舗によってオムライスやラーメン等幅広いメニューがあるんですよ!

アメリカンレトロな外観と店内もかわいい造りで、初めて行った時はテンションが上がってしまいピエロのキャラクターが描かれたグッズを買ってしまった程です。ちなみに買ったのはマグカップです。

チャイニーズチキンバーガーは、甘辛く味付けてあるから揚げににマヨネーズとシャキッとしているレタスが最高に合うんです!柔らかいパンも最高なのでぜひ食べてみてください。

私がおすすめする一口で虜になるやきとり弁当

おすすめするのはハセガワストアのやきとり弁当です。やきとりといっても実際は豚肉なんですけど食べるとそんなの気にしな~い!気にしな~い!ってなります。

やきとりの味はタレ・塩・塩だれ・うま辛と4種類あるんですけど、私はダントツで塩が好きです!注文してから作ってくれるので温かい出来立てのお弁当が味わえます。

ご飯の上に海苔が敷いてあり、その上にやきとりがのってるんですけど、やきとりを1口食べてからののりご飯が最高に合いますから!食べてる時は美味しさのあまり思わず無言になっちゃいますけどね。

ハセガワストアは函館に本社があるコンビニエンスストアチェーン店で、函館を中心に店舗展開されているので北海道でしか味わえないお弁当です。

しばれる季節はあったかい想い出に胸がキュン!とする北海道

地元民ではないけど、自身がこよなく愛する北海道を絶賛する前に、僕のことを簡単に説明しますね。僕は埼玉で生まれで地元の学校を出て、今は芸術関連の仕事を本業にしている30代独身男です。

趣味は旅行で、その中でも特に北海道が圧倒的に好きでして、頻繁に飛行機や寝台列車、最近ようやく開通した新幹線で北海道に旅行で行ってます。

あとはスポーツ観戦やテレビ鑑賞で、テレビ鑑賞に関しても、やっぱりドラマとかバラエティよりも旅番組ばっかりみちゃいます。もちろん北海道旅行番組は必ず見ています。旅番組見ていると毎日旅している気分になれて最高です。

冬の北海道旅行は本当に極寒体験をできる

一般的に夏場の北海道旅行は楽しいことばかりだけど、冬場の北海道旅行は旅行客にとっても大変といわれることがあります。

しかし、冬場の北海道は夏場よりも関東以南との環境の差がはっきりするところがあり、特に南国に住んでいる人にとっては絶対に一度冬に行ってみてほしい場所です。

特に、今まで生きてきて味わったことがないような極寒体験をしてみたい人は本当に極寒体験ができます。

そして、例えば外出して雪景色を楽しんだあと、暖かい旅館に戻って来て浸かる熱い温泉や、温泉に入ったあとに食べるおいしい食事は本当に最高です。

雪の降らない温泉や、外の気温がそんなに低くはない温泉地に行くのとはまったく違うので、一度体験してみたほうがいいと思います。

最近は新幹線で函館まで行け、仙台からなら日帰りも可能

北海道というと、2016年に新幹線がとりあえず函館まで開通するまでは、電車で一本で行きたいとなると寝台列車を利用したりしなければならず、特に飛行機嫌いの人にとっては、行くのに大変な場所でした。

しかし、札幌まではまだ未開通ながら2016年にようやく函館市の新函館までが開通したので、一気にアクセス面がよくなりました。そして、関東からの1泊旅行がとてもしやすくなりました。

そして、魚介類で有名な函館で食べる新鮮な魚介類はやはり最高に美味しくて、一度食べるとしょっちゅう函館に行きたくなるほど忘れられない素晴らしい味です!

是非、今度1泊で旅行するところを考えている人は函館も検討してみることをおすすめします。

そして、例えば仙台からであれば午前の新幹線で函館まで行き、19時半過ぎの仙台着の最終便に乗り、日帰りで行くことも可能です。